読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2012年の読書メーター

すべてを読書メーターに記録できるわけでもないけど、2012年は読み終わって入れられるものは登録したと思う。漫画をいれれば数が行くと思ったけど、そもそも漫画すらあまり読んでないようである……今年はせめて漫画はもっと読みたいと思います!

2012年の読書メーター
読んだ本の数:68冊
読んだページ数:15014ページ
ナイス:128ナイス
感想・レビュー:28件
月間平均冊数:5.7冊
月間平均ページ:1251ページ

放射線医が語る被ばくと発がんの真実 (ベスト新書)放射線医が語る被ばくと発がんの真実 (ベスト新書)感想
非常に読みやすくわかりやすかった。いま福島に住んでいて大丈夫だと思えた。おおらかに暮らしているうちの大学生は正しかった。多少まだ不安は残るものの、それは私の知識や理解力の足りなさのせいだろう・・。いくつかあった放射性物質や数値についての疑問点もほぼ解消できた。
読了日:1月25日 著者:中川 恵一
あの日からのマンガ (ビームコミックス)あの日からのマンガ (ビームコミックス)感想
やっと買って来て読みましたー。防衛家のヒトビトの他のもとてもよかった。題材への距離が適度で、視点が暖かい。洞察力想像力がすぐれているからだと思います。
読了日:1月26日 著者:しりあがり寿
拍手しすぎる日本人 行列してまで食べないフランス人 (講談社プラスアルファ新書)拍手しすぎる日本人 行列してまで食べないフランス人 (講談社プラスアルファ新書)
読了日:1月29日 著者:芳賀 直子
ロンドンで本を読む  最高の書評による読書案内 (知恵の森文庫)ロンドンで本を読む 最高の書評による読書案内 (知恵の森文庫)感想
京都の恵文社でみつけて、面白そう!と思って読んだけど、楽しくなくて、自分の知力が低いせいか?と戸惑ったが、訳文が悪いせいにしておく。たいていの文章が読みづらい日本語であるように思った・・・・・。
読了日:2月4日 著者:
アマテラス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)アマテラス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
読了日:2月7日 著者:美内 すずえ
アマテラス 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)アマテラス 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
久々に再読した。きっとこれは完結しないんだろうなぁ。
読了日:2月7日 著者:美内 すずえ
Cocohana (ココハナ) 2012年 02月号 [雑誌]Cocohana (ココハナ) 2012年 02月号 [雑誌]感想
3月号を読んで前号を読みたいと思ってたらスーパーの雑誌売場にあったのでw購入。表紙が「フラワーズ」の2月号と同じ人のイラストで配色も似ててるうえに誌名も似てて(花)こういうのって購買意欲を減退させるナと先月思ってたんだった。しかし中身は私にしては読める漫画がとっても多くて嬉しい。創刊号も買ったのに実は読んでなくて(爆)遡って読んだという・・・雑誌は難しい(^^)(どこが)。
読了日:2月8日 著者:
Cocohana (ココハナ) 2012年 03月号 [雑誌]Cocohana (ココハナ) 2012年 03月号 [雑誌]感想
良かった。○○さんも△△さんも読める、面白い。やった、私。
読了日:2月8日 著者:
Cocohana (ココハナ) 2012年 01月号 [雑誌]Cocohana (ココハナ) 2012年 01月号 [雑誌]感想
遡って読んだ。コーラスの創刊のころの感じと似てる(私的に)。
読了日:2月8日 著者:
横山光輝初期作品集 第6集 闇におどる猫 (横山光輝愛蔵版初期作品集 第 6集)横山光輝初期作品集 第6集 闇におどる猫 (横山光輝愛蔵版初期作品集 第 6集)感想
吸血鬼ものの少女漫画が収録されている。吸血鬼の条件がコンパクトに紹介されている。掲載当時読んだら勉強になった(?)ことだろう!
読了日:2月8日 著者:横山 光輝
充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)感想
歩いても歩いても抜け出られない夢の中の迷路、目的地に行こうとすると必ず入る邪魔、永遠に続くと思えるループ。わりに明るい終わりが意外なシーンに思ったが作中にこのモチーフは何度も出てきていた。その意味するところまで深く考察するのは私にはできていない。翻訳者の苦労のあとがきを読んでうなづきまくった。私には原書で読むのは到底無理だろ…。文庫なのに分厚すぎて物理的にも読むのが大変なのも一興。「私を離さないで」が私が今まで読んだイシグロ作品中ではベスト。
読了日:2月11日 著者:カズオ イシグロ
「しつこい怒り」が消えてなくなる本「しつこい怒り」が消えてなくなる本
読了日:2月13日 著者:石原加受子
SARU 上 (IKKI COMIX)SARU 上 (IKKI COMIX)
読了日:2月14日 著者:五十嵐 大介
珠玉の名作アンソロジー 2 出会いと別離 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 2)珠玉の名作アンソロジー 2 出会いと別離 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 2)感想
シリーズものの途中の回を入れるのはどういうもんでしょうか?
読了日:2月14日 著者:萩尾 望都
珠玉の名作アンソロジー 1 家族の情景 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 1)珠玉の名作アンソロジー 1 家族の情景 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 1)
読了日:2月15日 著者:萩尾 望都
よろずのことに気をつけよよろずのことに気をつけよ感想
作者が福島出身ということとタイトルに惹かれて読んだ。冒頭の展開が速くて作者が先走っている感じがあったけど、呪いの話も珍しい話でどんどん読めた。けど、これって今の話ですよね?「高知-山形」なんてフライト、ないよね。調べないで書くのか、それとも架空の高知、山形なのか。こういうのは白ける。白河にビジネスホテルが一軒なんてことはないし…架空の地名を使えば問題ないと思うのだが。それぞれ過去に傷持つ学者と少女が頭脳と調査で謎解きと思いきや、終盤はアクション。2時間ドラマにしたら面白いと思う。でも一気に読み切れて満足♪
読了日:2月19日 著者:川瀬 七緒
ネイティブ添削で学ぶ英文ライティングネイティブ添削で学ぶ英文ライティング
読了日:2月24日 著者:英語便
マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編感想
とにかくカバーがきれい!内容の面白さと読みやすい造本の相乗効果でぐいぐい読んだ。70年代にさまざまな雑誌に掲載された7つの対談を集め、この本のための語りおろし対談(羽海野チカ)を加えた8本がまとめられている。萩尾らの対談当時の写真も載っている(もっと見たかった)。参考図版が(セレクトさせていただいた立場で自画自賛っぽいけど)対談本にしては数多く入っていて図版だけ辿っても楽しめると思う。70年代後半の対談ばかりなので当時ってこんな雰囲気だったのかな、というのも味わえる。対談相手の半数が鬼籍に・・早すぎです
読了日:2月28日 著者:萩尾 望都
じぶん・この不思議な存在 (講談社現代新書「ジュネス」)じぶん・この不思議な存在 (講談社現代新書「ジュネス」)感想
大学生くらいが読む本かもしれないけど、面白かった。(私が大学生のころにはこんなに読みやすい哲学な本はほとんどなかったと思う。)たまにはこういう基本的な哲学的な問いを「じぶん」になげかけてみるとよいな。なんか若返った気分。
読了日:3月1日 著者:鷲田 清一
Cocohana (ココハナ) 2012年 04月号 [雑誌]Cocohana (ココハナ) 2012年 04月号 [雑誌]
読了日:3月1日 著者:
整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣感想
男性の思考だなぁと思ったが、出張に持っていく荷物は入れ物を決めておいてそれに中身を合わせるなど発想が逆で面白い。女性は持ち物を「かわいいから」などで選ぶし、ポーチも何種類も持ってたりするけど、応用はできるはず。時系列の書類管理(野口悠紀夫氏の理論と同じベース)をさらに進めたもの、ルーティンに無駄に悩まないようパターン化することなど、実践する自信はないけど参考になった。PC内のデータ整理も2年も経ってるのでこの通りではないだろうが、気づいていなかった利用法があると気付かされたので早速検索してみようと思う。
読了日:3月5日 著者:小山 龍介
戦後少女マンガ史 (ちくま文庫)戦後少女マンガ史 (ちくま文庫)感想
再読。
読了日:3月28日 著者:米沢 嘉博
長嶋有漫画化計画長嶋有漫画化計画
読了日:5月16日 著者:うめ;ウラモト ユウコ;衿沢 世衣子;オカヤ イヅミ;カラスヤ サトシ;河井 克夫;小玉 ユキ;島崎 譲;島田 虎之介;萩尾 望都;100%ORANGE;フジモトマサル;陽気婢;吉田 戦車;よしもとよしとも;藤子不二雄(A)
僕らの漫画 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)僕らの漫画 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
読了日:5月24日 著者:「僕らの漫画」制作委員会
1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1感想
1巻読了。それにしても美人とのセックスっつうのは絶対書きたいよね、男性作家って(偏見^^;)。
読了日:5月29日 著者:村上 春樹
1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2感想
出てくる女性がみんな美人・・・。(昨夜オウムの菊地直子が逮捕された。この本を読んでいるときにそういうことが起こるとは、なんだか妙な気持ちがした)
読了日:6月4日 著者:村上 春樹
わたしの一番好きな人 団地階段会談シリーズパート 2 (ぶーけコミックス)わたしの一番好きな人 団地階段会談シリーズパート 2 (ぶーけコミックス)
読了日:6月5日 著者:稚野 鳥子
萌えの死角 2 (ニチブンコミックス)萌えの死角 2 (ニチブンコミックス)感想
あれ・・これの他に「萌えの死角」「萌えの死角1」がある?
読了日:6月8日 著者:今 市子
1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3感想
今まで読んだ村上春樹の中で一番読みやすい小説だった。1巻や2巻が発売されたときあんなにうず高く書店に積んであったのがしかし不思議。そんなに熱狂させるようなものはなかったみたいだけど…。 1Q84の世界は架空の世界だからいろいろな不思議なことがあってもそれでいいんですよね、きっと。(土曜日が休日だとかも・・)(NHKの集金人がしつこいなんて話は今の人が読んでもピンと来ないだろうなぁ) 女の子たちの話し方がみんな同じなのとかは、みんな美人だったりするのと同じように特に気に留めることでもないんだろう。私はバリエ
読了日:6月8日 著者:村上 春樹
うさぎのヨシオ (ビームコミックス)うさぎのヨシオ (ビームコミックス)
読了日:6月27日 著者:近藤聡乃
八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅
読了日:7月16日 著者:清川 妙
3年後のカラダ計画3年後のカラダ計画
読了日:7月21日 著者:槇村 さとる
虹のナターシャ(上) (講談社漫画文庫)虹のナターシャ(上) (講談社漫画文庫)
読了日:8月18日 著者:大和 和紀
虹のナターシャ(下) (講談社漫画文庫)虹のナターシャ(下) (講談社漫画文庫)
読了日:8月18日 著者:大和 和紀
散歩するように旅する ロンドンとっておきの休日散歩するように旅する ロンドンとっておきの休日感想
二度目三度目の人にちょうどいい。
読了日:9月21日 著者:小松 喜美
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社ノベルス)トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社ノベルス)感想
森博嗣っぽくもなく萩尾望都でもなかった。3種類とも持っているけど、この本が一番読みやすかったので新書版で読みました。
読了日:9月23日 著者:森 博嗣
ささやななえ自選集 1 (KCデラックス)ささやななえ自選集 1 (KCデラックス)感想
いつ読んでも面白いなあ♪
読了日:9月23日 著者:ささや ななえ
アリスにお願い (ヤングユーコミックスワイド版)アリスにお願い (ヤングユーコミックスワイド版)感想
久しぶりに再読
読了日:10月13日 著者:岩館 真理子
メトロポリス (手塚治虫漫画全集 (44))メトロポリス (手塚治虫漫画全集 (44))
読了日:10月21日 著者:手塚 治虫
新世界ルルー (手塚治虫漫画全集 (42))新世界ルルー (手塚治虫漫画全集 (42))
読了日:10月21日 著者:手塚 治虫
ロココの冠 (フラワーコミックス)ロココの冠 (フラワーコミックス)
読了日:10月21日 著者:名香 智子
黒百合の騎士 (フラワーコミックスアルファ)黒百合の騎士 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:10月21日 著者:名香 智子
ヴェルサイユのシンデレラ (フラワーコミックス)ヴェルサイユのシンデレラ (フラワーコミックス)
読了日:10月21日 著者:名香 智子
山猫天使 (フラワーコミックス)山猫天使 (フラワーコミックス)
読了日:10月21日 著者:名香 智子
凍りついた瞳 (YOU漫画文庫)凍りついた瞳 (YOU漫画文庫)感想
何度目かで読むけど、いまでも虐待されている子供のニュースは続いているけど、この作品にとりあげられた事例を経て改善されているのだと信じたいが。
読了日:10月23日 著者:ささや ななえ
おじしゃま事件ですおじしゃま事件です
読了日:10月29日 著者:Kyoko
悪女聖書(涙がこぼれたあの一言 2012年12月号増刊) [雑誌]悪女聖書(涙がこぼれたあの一言 2012年12月号増刊) [雑誌]
読了日:10月29日 著者:
ハーレクイン別冊 藤田和子デビュー35周年記念号 2012年 11/15号 [雑誌]ハーレクイン別冊 藤田和子デビュー35周年記念号 2012年 11/15号 [雑誌]
読了日:10月29日 著者:
YOU (ユー) 2012年 11月号 [雑誌]YOU (ユー) 2012年 11月号 [雑誌]
読了日:10月29日 著者:
ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)
読了日:11月6日 著者:岩明 均
大奥 8 (ジェッツコミックス)大奥 8 (ジェッツコミックス)
読了日:11月6日 著者:よしながふみ
大奥 8 (ジェッツコミックス)大奥 8 (ジェッツコミックス)
読了日:11月6日 著者:よしながふみ
僕は秋子に借りがある〈森博嗣自選短編集〉 (講談社文庫)僕は秋子に借りがある〈森博嗣自選短編集〉 (講談社文庫)
読了日:11月8日 著者:森 博嗣
人の砂漠 (新潮文庫)人の砂漠 (新潮文庫)感想
ずいぶんと昔の話なのに、内容が古く思えないのは何故。文章も新鮮。日本の北の端と南の端に無性に行きたくなった。大学生の娘が読んだ本を借りてきて面白く読んだというのは、ちょっとした幸せ。
読了日:11月11日 著者:沢木 耕太郎
海からの贈物 (新潮文庫)海からの贈物 (新潮文庫)感想
だいぶ前に読んだものの内容を忘れてるので再読した。翻訳がちょっと読みづらかったけど、筆者がこれをかいたのと同じ年代にいるからか、いまの私にはうなづける話が多くて面白かった・・。しみじみ。
読了日:11月13日 著者:アン・モロウ・リンドバーグ
ケサラン・パサラン (1巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)ケサラン・パサラン (1巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)
読了日:11月20日 著者:山岸凉子
ヒストリエ(7) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(7) (アフタヌーンKC)
読了日:11月20日 著者:岩明 均
YOU (ユー) 2012年 12月号 [雑誌]YOU (ユー) 2012年 12月号 [雑誌]
読了日:11月20日 著者:
旅する力―深夜特急ノート旅する力―深夜特急ノート
読了日:11月25日 著者:沢木 耕太郎
物語るあなた 絵描くわたし 萩尾望都 対談集 1990年代編物語るあなた 絵描くわたし 萩尾望都 対談集 1990年代編感想
今回も読みごたえがありました。もうデビューから20年以上たった時点での対談なので、いままでを振り返る話題もあり、しかしそれもまた今から20年ほどまえの対話であり…。巌谷氏との対談は本の三分の一を占めるほどの分量でしたがいろいろな漫画表現についての話題が出ていて面白いです。東村アキコさんの漫画の描き方の話はけっこうびっくりしました。なんかこう、新しい時代の漫画家さんという感じを受ける<私が古いのか?(笑)
読了日:11月30日 著者:萩尾 望都
一号線を北上せよ<ヴェトナム街道編> (講談社文庫)一号線を北上せよ<ヴェトナム街道編> (講談社文庫)
読了日:12月9日 著者:沢木 耕太郎
大奥 第9巻 (ジェッツコミックス)大奥 第9巻 (ジェッツコミックス)感想
この巻も満足の読み応え。
読了日:12月9日 著者:よしなが ふみ
うどんの女 (Feelコミックス)うどんの女 (Feelコミックス)
読了日:12月27日 著者:えすとえむ
ハッピーエンドアパートメント (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)ハッピーエンドアパートメント (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)
読了日:12月27日 著者:えすとえむ
まぼろし少女まぼろし少女
読了日:12月27日 著者:楳図 かずお
キネイン! (MARBLE COMICS)キネイン! (MARBLE COMICS)
読了日:12月28日 著者:えすとえむ
ビューティフル 2 (フラワーコミックス)ビューティフル 2 (フラワーコミックス)
読了日:12月28日 著者:さいとう ちほ
ビューティフル 1 (フラワーコミックス)ビューティフル 1 (フラワーコミックス)
読了日:12月28日 著者:さいとう ちほ

2012年に読んだ本まとめ
読書メーター